危うく金魚を殺すところだった…

今日はそんなに忙しくなかったのに、大変なことをしてしまいました。

今日は、朝からゆっくり過ごして、たまっていた事務的な作業や、見るべきDVDを見て、洗濯をして、お米をといで…、

と自分のペースですすめていました。

そして、子供のお迎えにいって、雨が降ってきたのでお家に帰ってきて、その後はまったり過ごせば良い時間でした。

今日の仕事はそこでやめておけば良かったんです。

そんな時間に、ふと金魚の水換えを思いついてしまいました。

確かに今日ぐらいにやるように、汲み置きの水は昨日から作っていました。

そして水替えをし始めてしまったんです。

その時に、二階で私のスマホが鳴って、私は階段を上がっていきました。

それは母からの電話でした。

間に合わなかったので、急いで折り返し電話をしました。

必要なことを10分ぐらい話しました。電話は終わり、私はもう金魚のことは忘れていました。

さてお昼寝でもしよう、と思ってホットカーペットの電源を付けて、座布団をしいてゴロンと横になりました。

そのまま30分ぐらい経った後、子供が何か言っています。

同居している義父も一階から何か言っています。

「呼んだ?」

と聞いて行ってみると、水槽の水がなくなっていて、砂利だけになったところに金魚が横になっています。

びっくりしてバケツを見ると、サイロフォンで金魚の水槽の水とバケツを繋いでいたのですが、バケツが満杯になってました。

サイロフォンは水を吸い込み続け、下のバケツに全ての水を移動させてしまっていました。

かわいそうに金魚は、40分から50分ぐらいの間、そんな状態でした。

すぐバケツの水を金魚の水槽に戻しました。

青くなりながら様子を見ていると、金魚は最初ぐったりしていましたが、ゆっくりゆっくり、だんだん動けるようになってきました。

ほんとに良かったです!

最近物忘れがひどく、ふっと場面が変わるとさっきまでやっていたことを忘れてしまいます。

サイロフォンの怖さはよくわかったので、もう二度と同じ失敗はしません!

ごめんなさい金魚。生きていてよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です